ナビゲーションを飛ばす



ピックアップ - 独自の視点から農業ビジネスを分析・解明する!

  • 箱根西麓の中山間地に点在する標高差300mの圃場でバラエティ豊かな野菜を栽培するフードカルチャー・ルネサンス。代表の鈴木達也の原点は家庭菜園だ。野菜づくりから料...

  •  よい機械とはどのような機械か――。高機能で快適に乗れても、収益に見合う価格でなければ維持管理もできない。ブラジル製のメカ式トラクターを選んだ吉永悟氏に話を聞い...

  • 2014年2月、農業技術通信社は「農村経営研究会」を発足させた。地域の風土・文化に対する強い誇りと愛着を持ち、事業経営者としての才覚を持つ「農村経営者」。研究会...

  • オランダ全土で園芸施設開放 4月にKom in de Kasという「園芸施設オープンデー」が開催され、オランダ国内で約200の園芸施設が開放された。2日間...

  • 移住してきた時7歳だった長男が 今年地元の中学を卒業。 卒業式の後、教室では 生徒がそれぞれ3年間を振り返って 思ったことを述べるコーナーがあり そこ...

  • 成田重行さんが約20年前に岐阜県飛騨地域の支援に入ったころ、一大産業だったスキー人口の減少とともにもうひとつの危機が訪れていた。高速道路の開通だ。地元にとっては...

  • 1. 物理性のよい土 よい土とは、「物理性・化学性・生物性が整った三位一体の土」と表現されることが多い。そこで、今回から土の物理性・化学性・生物性について...

  • 今回のキャスト 社長 藤田 匠、 社員 西園寺千代、 社労士 伝法院 千里 出荷団体設立めざして動き出した藤田社長。どんな法人形態を選んだらいいのか...

  • トウモロコシの病害は、国内で30種類以上が確認されているが、抵抗性品種の開発なども進み、現在押さえておくべき病害は数種類に限定されている。ここでは国内の主要病害...

  • 本誌を創刊したのは、ガット・ウルグアイラウンド農業交渉が大詰めを迎えていた1993年5月。自由化交渉が進むにつれて農業関係者はいきり立ち、国会では「一粒たりとも...