ナビゲーションを飛ばす



ピックアップ - 独自の視点から農業ビジネスを分析・解明する!

  • 本誌では先月号まで亜麻に関する連載を取り上げた。歴史に葬り去られたはずのこの品目だが、じつは商品化とともに栽培が復活していた。健康食品として末端商品があり、それ...

  • スマート・テロワールとは中核となる地方都市と農村からなる自給圏の構想である。 そのコンセプトはサステナビリティ(持続可能性)を目指し、 「田畑輪換を畑作輪作...

  • 本誌2012年9月号で「今から始める大麻栽培」という特集を組んだところ、大反響を呼んだ。あれから5年が経過したが、日本での栽培面積は約6haと横ばいで推移してい...

  • 9月14日、茨城県境町の(株)塚原牧場の圃場で農水省関東農政局主催による「子実トウモロコシの生産拡大に向けた現地研修会」が開催された。

  • 夏休みが終わったと思ったら 猛暑の夏は一体どこへ行ってしまったのか 山の中の限界集落の夜はもはや ちょっと火が欲しいなというくらい急に涼しくなりました。 ...

  • 1.窒素をゆっくり効かせる「じわじわ効果」
    化学肥料より有機質肥料で作った野菜の方がおいしいといわれることが多い。本当だろうか。

  • 動物に学ぶリーダー論 日頃から繁殖雌牛(子牛のお母さん)の群れを見ていて気づいたことがある。我が農場には繁殖雌牛が約50頭いるのだが、偉そうにしているベテ...

  • 求人サイトに情報を掲載しても社員希望者はほとんど来なかったアルパカファーム。掲載内容には十分気を使ったはずなのに、いったい何がいけなかったのか。

  • 皆さん、こんにちは! 家の周りのコオロギに悩まされて寝不足が続いているロブストス高垣でございます。ドアから家の中に入ってきて、小さいボディから目覚まし時計レベル...

  • 乾直人、 収穫を前に集結! 北海道で乾直人とは、水稲乾田直播を栽培する人のことだ。9月4日に「乾直人の圃場ミーティング」と銘打った乾直人の集いが開催され...