ナビゲーションを飛ばす



ピックアップ - 独自の視点から農業ビジネスを分析・解明する!

  • 小社では2009~11年、『Agrizm』(アグリズム)という若手農家のみを取り上げた季刊誌を発行していた。その09年12月号の「Hand & Hope」なるコ...

  • 今年2月4日、スガノ農機(株)よりFAXが送信されてきた。後日に確認をしたところ、このFAXはすべての取引先および全国土を考える会(スガノ農機と弊社が事務局)の...

  • 劣等財「さつまいも」が成長作物になってきた。甘藷はでんぷんか野菜かという分類論を超えて、スイーツ&サプリメントになってきた。さつまいもは機能性の高い準完全栄養食...

  • スガノ農機は我が社の株主である。それだけではない。先々代の社長である故菅野祥孝氏が背中を押してくださったことでこの『農業経営者』を創刊できた。経済的にもご支援を...

  • 祝島に行ってきました。 なぜ突然祝島なのかと言いますと、この瀬戸内に浮かぶ人口400人ほどの小さい島で、飼料を全く買わず、島内で出る野菜の残渣や残飯のみを餌に...

  • 1.土壌病害はなぜおこるのか 畑やハウスで同じ作物を作り続けると連作障害が起こりやすい。その典型が土の中に生息する病原菌が根から感染して、地上部まで枯らし...

  • 友人の農業経営者から、パートの間で待遇面に対して不満の声が上がっていると聞いた藤田社長。さっそく伝法院先生に相談した。前号に引き続き「改正労働契約法」について。...

  • 皆さん、こんにちは! 鼻がムズムズきたその瞬間に鼻で呼吸することを止め、スキューバダイビング体験で身につけた「口で吸って鼻で吐く」呼吸法に切り替えることで、見事...

  • (1)重要作物としての地位固め 北海道製麻は明治20年(1887)に設立され、さっそく札幌工場を建設した。当時栽培されていた大麻に亜麻を加えて操業し、亜麻...

  • 農村経営研究会は3月31日、今年2回目となる定例会を都内で開催した。今回の講師は、岩手県西和賀町という豪雪地帯ならでは育まれるワラビの観光園とデンプン生産に取り...