ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

A-1グランプリ

日本初!農業ビジネスプランコンテスト「A-1グランプリ」

  • 第1回 2009年03月03日

    • 動画
      • 無料会員
      • ゴールド
      • 雑誌購読
      • プラチナ

農業経営者が自らのビジネスプランをプレゼンテーション!ここからマーケット本位の農業事業を創出します。指導や啓蒙の対象に過ぎない「農民」から、自ら事業を企画し、その事業の可能性を出資者や行政にプレゼンテーションする「農業経営者」へ。農業経営者が自らビジネスプランを発表して、投資家や産業界の支援者と出会い、顧客本位の農業事業を実現する場をつくる。それが、農業ビジネスプランコンテスト『A-1 GANDPRIX 2009』の目的です。A-1大賞受賞者には賞金100万円を贈呈するほか、協賛企業による特別賞も授与されました。

動画を視聴するための利用環境

※はじめてご利用の方は
必ずご確認ください。

  • 価格:
    1,008円

DVD:2,000円のご購入はこちらから

【『農業経営者』編集部からの解説】

『農業経営者』全国大会3日目に開催されたA-1グランプリ最終選考会を収録。農業経営者が自らビジネスプランを発表し、投資家や産業界の支援者と出会い、顧客本意の農業事業を実現する場をつくるという趣旨のもとへ、23人に応募を頂いた。その中から2次審査を通過した9人、更に敗者復活戦にも9人が出場、プレゼンを競った。

 審査委員は各々20点満点で採点し、最後に5人の採点結果を合計、百点満点で審査する仕組み。ここでの審査基準は2つ。まずビジネスプランへの一般評価として、事業の創造性・市場性・実現可能性・持続可能性の評価に10点。そして農業界へのインパクトとして、農業の産業化や構造改革に対する価値や影響力に10点が与えられる。

 激戦の結果、㈲さかうえの坂上隆氏が「耕畜連携によるサイレージ供給サービス」でA-1大賞、及び賞金百万円を獲得。また、JAICシードキャピタル賞を㈱農業総合研究所の及川智正氏が「日本のド真ん中で農産物直売所をOPEN 全国ネットワーク直売所『みんなの直売所』」で獲得。さらに農業生産法人ふじさん牧場の藤田太一氏が、「プロジェクト『もー』〜体験型教育ファームを作っちゃおうプロジェクト〜」でA-1奨励賞、及び賞金30万円を獲得した。

 

関連記事

powered by weblio