ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

座談会

現場で語る農業ICTとスマート化 経営者にとって必要な技術とは何か?

農業分野にもICT関連の商品が登場して久しい。農作業を支援するツールが数多く提案され、これらを活用すれば、作業が確実に、そして楽に行なえると利用者も増えている。その一方で、経営者の仕事や意思決定を支援するには十分な機能があるのだろうか。ITを早々に経営に取り入れてきた農業経営者、GPSガイダンスから農業機械の通信分野の標準化に関わってきた研究開発者、ITの導入をこれから画策する農業経営者らに、これまでの農業ICT技術と、スマート化された農業の将来像について、語ってもらった。 (取材・まとめ/加藤祐子)

ITとICTの違い

――現在は、いろいろなメーカーが農業ICTを掲げた商品やサービスを提供するようになりました。数年前までは「農業IT」と呼ばれていたと思いますが、そもそもITとICTって何が違うんでしょうか?
濱田安之((株)農業情報設計社 代表取締役) ITはInformation Tech-nologyの略なので、日本語で言うと情報技術のこと。一方、ICTというのはInformation and Commu-nication Technologyなので情報通信技術になりますね。数年前まではITという言葉が広く使われていましたが、通信技術が発展して、「コミュニケーション」が大事になったので、ICTという言葉が使われるようになったのでしょう。
奥山孝明((株)夢ファーム 代表取締役) 農業分野でもそれに習って、農業ITから農業ICTって言うようになりましたね。
結城良裕 呼び方はITからICTになっていますけど、中身も変わってきたのでしょうか?
奥山 そこなんですよ、問題は。当然、ITは進化してきています。
濱田 そうですね。農作業で困っていることには、それぞれ対応する技術が開発されています。技術の進化は農業にも貢献していて、たとえば人手では大変な耕うん作業のためにトラクターがあって、田植えがしんどかったので田植機が登場したように、まっすぐ走るのが大変だという悩みに、GPSガイダンスが開発されたわけです。
結城 私もGPSガイダンスにはお世話になっています。
奥山 それ以外にも、圃場に関する情報を入力すれば、それを蓄積して、重ねて見やすい形に表示してくれる圃場管理システムがあって、うちの経営では、大いに活用させてもらっています。でも、これらがICTかというと、ITの域を出ていないように思うんです。その理由は簡単で、基本的にほとんどの機械はまだ通信ができないんですよ。
濱田 そうそうそう。機械のほうからデータが届けば、その機械の設定や動作状況を簡単に記録できるのに、今はそれを紙か何かに書いて、来年はそれを見ることになる。その設定値をExcelなどに入力すればデータとして活用できるからITではあるけれど、ICTではないと。

関連記事

powered by weblio