ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

快眠生活のすすめ

睡眠と健康の密接な関係

主に睡眠には、「ストレスの解消」「記憶の整理と定着」「体の成長・老化の防止」「免疫力の向上」といった役割があります。なかでも「脳と体の疲労回復」という重要な働きは、私たちの心と体の健康に、切っても切れない密接な関係を持っています。

不眠のリスクは高い

いま、睡眠の重要性が改めて見直されています。しかし一方で、日本は世界的に見て睡眠時間の極めて短い国の一つとなりました。3人に1人が睡眠に悩みを抱えているともいわれています。それには次のような要因が考えられます。

・家事や育児、仕事の両立(時間的)
・ストレス社会(精神的)
・超高齢社会(身体的)
・深夜勤務制(睡眠リズム)

では、睡眠時間が不足していたり、良質な睡眠が得られていないとどうなるのでしょうか。それは、日中の眠気やイライラ、倦怠感といった私たちが日常生活で感じることだけではありません。
高血圧や高脂血症、糖尿病といった生活習慣病、肥満、免疫力の低下、心筋梗塞発症のリスクなどがあることがわかりました。また、不眠はうつ病とも深い関係があることも知られています。

厳しい労働環境のなかで

睡眠時間と死亡率の関係についての研究では、睡眠時間が約6時間半~7時間半の人が最も死亡率が低く、日常的に睡眠時間の短い人は死亡リスクが高まるという結果が発表されています。

関連記事

powered by weblio