ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

快眠生活のすすめ

快適ベッドライフのために

睡眠の秋、いかがお過ごしでしょうか。快眠の秘訣は、生活習慣を整えることと睡眠環境を整えることです。今回は、その睡眠環境に含まれる「ベッド」をテーマに取り上げます。
超高齢社会となり、いままで布団派だった方も、ベッド生活に変えるケースが増えてきました。年齢を重ねるにつれ、起き上がりや布団の上げ下ろしが辛くなってくるからです。ベッドには次のような利点があります。
・起き上がりが楽になる
・睡眠時に体にかかる負担が軽減できる
こうしたメリットを享受するためにも、メンテナンスや使用方法にちょっと気を遣うだけで、眠りはより心地よいものになります。

快眠を保つメンテナンス

・ベッドフレーム
気づかないうちに、ホコリは床にたまっているものです。引き出し付きのベッドであっても、動かして掃除しましょう。
・マットレス
マットレスは、荷重の分散を図るため、定期的にローテーションして使いましょう。そうすれば快適な状態をより長く保てます。ローテーションは2、3カ月に一度でも構いません。これは本当にオススメします。季節の変わり目に行なうと、そのたびに思い出せるでしょう。両面仕様のマットレスであれば、表裏どちらでもひっくり返して寝られます。
ちなみに、面倒くさがりの筆者は自分がローテーションする、つまり枕と足を置く場所を変えるようにしています。そうした使い方で13年が経過しているものの、ビクともしていません。

関連記事

powered by weblio