ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

紀平真理子のオランダ通信

イノベーションを続けるWorld Potato City Emmeloord

北東ポルダー基礎自治体は洪水のリスク対策のために作られたゾイデル海に大堤防を架け、客土をしてできた干拓地で1940年代にオランダ各地からの移住が始まった。World Potato Cityというコンセプトを作った元政治家であり、Nagele(ナーヘレ:域内の村のひとつ)のジャガイモ生産者でもあるWillem Keur氏は1958年にオランダ南部より両親とともに移住した。同氏への取材をもとにレポートする。
本文を読む

関連記事

powered by weblio