ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

特集

未来なき飼料用米政策 高米価の再来を許すな!

コメ業界に3年前を再来させる出来事が起こりつつある。政策誘導の高米価だ。 農林水産省は都道府県に配分する「生産数量目標」で平成28年産は前年産より8万t少ない743万tに決定した。これは需要の見通しである762万tより少ない数字だ。 生産数量目標が達成された場合、民間在庫量は28年6月末に207万t、29年6月末に188万tになる見込み。188万tというのは米価が高騰した平成24年、25年と同じ水準である。需給をひっ迫させて米価を上向かせることを狙っているのは明らかだ。 農水省はこの目標達成に向けて27年産に引き続き、28年産でさらに増産を働きかけるのが飼料用米だ。農家に高額な交付金をちらつかせて、水稲の作付けを飼料用米に引っ張り込ませ、主食用米の生産量を減らそうとしている。いうまでもなく、これは安倍政権が平成30年の実現を目指す「減反廃止」とは逆行するものだ。
本文を読む

関連記事

powered by weblio