ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

今年の市場相場を読む

記念日を設けた野菜類その後 キュウリ/ゴーヤー/ナス類/スイカ類

マーケティングでは、いわゆる「物日」に焦点を当てて売り出す手法が定着している。成功した典型的な事例はバレンタインデーや母の日。最近は物日を作り出して需要を創出するといった傾向が強い。恵方巻はスーパーの仕掛けだし、ハロウィーンも誰かが持ち込んで仕掛けたものだろう。青果物でも物日作りが盛んで、由来などにちなむというよりは「おやじギャグ」のノリで語呂合わせのものが多いため、必ずしも生産のピークや季節感に合わない。しかし、あえて「○○の日」を設定するからには、消費促進といった産地側の思惑がある。いくつか○○の日を設定している品目のこの10年を見てみよう。
本文を読む

関連記事

powered by weblio