ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

アルパカファームの経営・労務事件簿

思いを実現する法人形態

今回のキャスト
社長 藤田 匠、
社員 西園寺千代、
社労士 伝法院 千里

出荷団体設立めざして動き出した藤田社長。どんな法人形態を選んだらいいのかお悩みのようで……。
藤田 千代ちゃん、これからミーティングに行ってくるから、今日の片付けはよろしくね。
千代 お任せください。例の団体ですね。順調ですか?
藤田 話が固まっていくうちに、いろいろと問題が出てきて。
千代 みんなそれぞれ主張が強そうですもんね。
藤田 いくら仲がいいといっても、外部の人と何かを一緒にやるとなると、甘いことは言っていられないし、むずかしいなあ。
伝法院 藤田社長、こんにちは! なんだか、面白そうな取り組みのお話をされていますね。
藤田 先生、いいところにいらっしゃいました。いま計画している出荷団体の設立についてなんですが、法人で運営していくこと、会員を増やすこと、有機野菜に特化することは決まっているんですが、詳細がなかなか決まらなくて。
伝法院 出荷団体ですか! ついに生産以外のことも展開されるんですね。その出荷団体は、どんな目的で設立されるんですか。
藤田 いまは農協での出荷と、道の駅への出店ですが、このままじゃアルパカファームも地域の名前も消費者の方に覚えてもらえないし、価格も自分たちで決められないので、危機感を抱いていまして。周りの若手農業経営者に話したら、まさに同じ思いを抱いていることがわかって、話が進んでいきました。
伝法院 確かに、いままではそれでよかったかもしれませんが、これからの農業経営では販売(マーケティング)が重要ですからね。まずは、その思いを明文化して、理念やビジョンをつくるところから始めたらいかがでしょうか。あとは、どのような法人形態で経営するか。

関連記事

powered by weblio