ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

今年の市場相場を読む

大被害を受けた道産野菜の動き ジャガイモ類、タマネギ、ニンジン、ブロッコリー

この夏、北海道が有史以来の大被害に見舞われた。5回とも6回ともいえる台風被害、とくに豪雨が川を氾濫させ多くの圃場を水没させた。コメをはじめ収穫間近のジャガイモ・タマネギ、ピークのシーズンに入っているニンジン・ブロッコリーなど、北海道の夏秋野菜には、代替できる大型産地がほとんどない。そんななかで、現在(9月上旬)の市場入荷状況はどうなっているのだろうか。ジャガイモにはでん粉用もあり、それが生鮮用にどこまで振り向けられるかはまだ不明だが、タマネギは輸入量が史上最高になることだけは確実だ。今回は直近データをもとに道産野菜の動向を探る。
本文を読む

関連記事

powered by weblio