ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

新・農業経営者ルポ

牛肉の価値観転換 美味しい赤身肉の牛を育てる

「日本の牛肉は赤身に旨味がない、ヨーロッパの肉は赤身が美味しい」。あるシェフから聞いたそのひとことにショックを受けた。静岡県浜松市で牧場を営む峯野忍が、赤身肉へと生産をシフトした瞬間だった。「高級牛肉=霜降り」というイメージはいまだ根強い。実際、高価格で取引されてもいる。日本では赤身肉の本当の美味しさが忘れられてしまった。あるいはまだ見出されていない。そんななかで一歩を踏み出した峯野の軌跡をたどる。 文・写真/紀平真理子、写真提供/峯野牧場
本文を読む

関連記事

powered by weblio