ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

農業は先進国型産業になった!―農業現場の変化

さつまいもは成長産業になる(2)(株)照沼勝一商店(茨城県東海村)

劣等財「さつまいも」が成長作物になってきた。甘藷はでんぷんか野菜かという分類論を超えて、スイーツ&サプリメントになってきた。さつまいもは“機能性”の高い準完全栄養食であり、健康志向社会では成長可能性が大きい。 土壌分析等、徹底した分析で“最高品質農産物”を志向しているのが、干し芋加工販売の(株)照沼勝一商店である。2代目社長の照沼勝浩氏は、品質重視、顧客に責任の持てる商品づくりを目指している。最近はアフリカに進出し、EU市場を狙っている。 国民の“民度”が国産農産物の国際競争力を決めることになろう。
本文を読む

関連記事

powered by weblio