ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

農業は先進国型産業になった!―農業現場の変化

輸入ネギ圧力で発展した銘柄野菜産地 JA岩井 園芸部会(茨城県坂東市)

茨城県県西地区は首都圏市場への野菜の巨大供給基地である。利根川の水、広大な平野、東京まで50kmの近さという地勢学上の有利さがある。その地で、坂東市岩井地区は県内屈指の野菜産地として発展している。しかし、高所得農業の実現は地勢学上の有利性だけではなく、逆転の発想で夏ネギの前進栽培に成功したことが大きい。 農家に顔を向けた農協である。発展した野菜産地で、「JA」がどのような役割を果たして存在しているか実情を明らかにしたい。
本文を読む

関連記事

powered by weblio