ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

実践講座:したたかな農業を目指す会計学 続・入るを計り出を制す!

人材と雇用の話(2)省力化時代の人材活用について

接客業でもロボットが活躍

春の農繁期は小さい頃の私にとって、楽しみなシーズンの始まりであった。北海道弁で相互扶助を指す「組作業」や「手間替え」、共同作業といった近所の農家への手伝いに家族が駆り出されると、休憩時間にはジュースやお菓子をもらえたり、作業が終了すると「切り上げ」と称して、持ち回りのお宅での家族ぐるみの慰労会が開かれたり、なにかとご馳走にありつけるからだ。
本文を読む

関連記事

powered by weblio