ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

農業は先進国型産業になった!―農業現場の変化

ブランド化で生き残る中山間地帯―奥久慈しゃも生産組合―(茨城県大子町)

ブランド化し、高付加価値を実現して、中山間地域でサバイバルしているのが奥久慈しゃも(養鶏)の生産者たちである。旨さと営業戦略で高価格を実現、ミシュランガイド焼き鳥屋で使われ、ブランド化した。ブロイラーの5倍の高価格だ。品種改良とブランディング戦略の成果である。 飼育体制(働き方改革)に知恵を絞り、生産基盤の強化を図っている。地理的表示GI取得も効果を発揮しそうだ。条件不利地域の生き残り策の見本である。
本文を読む

関連記事

powered by weblio