ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

今年の市場相場を読む

夏を乗り切る機能性豊かな野菜類 アンデスメロン/コダマスイカ/あまおう/とちおとめ

夏の野菜といえば、キュウリ、トマト、ナスなど果菜類が中心だが、「夏を乗り切るための(機能性を持った)野菜」という観点でみると、少し様相が異なる。夏場は“夏バテ”の疲労からくる免疫力の低下が問題だ。そこで、時節柄もあり夏秋野菜の機能性を切り口にする視点や販売方法を考えていきたい。果菜類の仲間でも夏に盛りのあるものや、食味に特徴があり癖も強くいかにも夏バテ効果がありそうなものも多い。ネバネバ系といわれる食材には、納豆やメカブ、モズクの他、野菜ではオクラやナガイモなどがある。また、清涼感を演出する香辛野菜類も、高い機能性を持っている。
本文を読む

関連記事

powered by weblio