ナビゲーションを飛ばす



記事検索結果一覧

  • 1.窒素をゆっくり効かせる「じわじわ効果」
    化学肥料より有機質肥料で作った野菜の方がおいしいといわれることが多い。本当だろうか。

    (農業経営者 2017.10.02 )

    記事:
    103円
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
  • 1.有機は善、化学は悪か 肥料取締法で、「肥料とは、土壌に化学的変化をもたらすために、土地に施されるものと、植物に栄養をあたえるために、土壌または植物に施...

    (農業経営者 2017.09.01 )

    記事:
    103円
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
  • 1.堆肥の中身が変わっても、変わらない農家の意識 「土づくり」には有機物補給が欠かせない。農地に施用する有機物は堆肥と新鮮有機物に大別される。 ...

    (農業経営者 2017.08.02 )

    記事:
    103円
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
  • 1.「まちがった土づくり」が招いた土壌病害

    筆者らは1980年代から全国の野菜産地で土壌診断調査を行なってきた。

    (農業経営者 2017.07.07 )

    記事:
    103円
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
  • 1.「根こぶ算」式に増える休眠胞子 アブラナ科野菜根こぶ病とは、寄生性原生動物の一種であるネコブカビがアブラナ科植物の根に感染してこぶを作り、地上部を枯ら...

    (農業経営者 2017.06.13 )

    記事:
    103円
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
  • 1.土壌病害はなぜおこるのか 畑やハウスで同じ作物を作り続けると連作障害が起こりやすい。その典型が土の中に生息する病原菌が根から感染して、地上部まで枯らし...

    (農業経営者 2017.05.08 )

    記事:
    103円
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
  • 1.「いんちき・いかさま資材」と言われていたことも!? 肥料に比べて、土壌改良資材には施用効果がいまいち判然としないものが多く、そのひとつがゼオライトであ...

    (農業経営者 2017.04.03 )

    記事:
    103円
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
  • 1.常識破りの土壌酸性改良資材 土壌診断分析でpHが6程度以下かつ石灰が基準より少なく、塩基飽和度が80%程度以下であれば、石灰資材の施用による酸性改良が...

    (農業経営者 2017.03.03 )

    記事:
    103円
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
  • 1.見るべきは処方箋より分析値 土壌診断で穴を掘り、断面を調べればわかる土壌物理性に対して、見ても触ってもわからない土壌化学性を把握するには化学分析を行な...

    (農業経営者 2017.01.30 )

    記事:
    103円
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
  • 1.「土づくり」とは 「土づくり」とよくいわれるが、土とは自然が長い時間をかけて作ってきたもので、人の力で作れるような代物ではない。また、人手の加わってい...

    (農業経営者 2017.01.05 )

    記事:
    103円
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
  • 1.土は生物を育む環境
    「土は生きている」といわれることが多い。確かにすばらしい表現で、土の不思議さや神秘さを感じる。

    (農業経営者 2016.12.02 )

    記事:
    103円
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
  • 1.黒ボク土は世界でもまれなリン酸欠乏土壌 我が国の畑地の約半分を占める黒ボク土は、世界最高の土チェルノーゼムに匹敵する良質の腐植をたくさん含む土である。...

    (農業経営者 2016.11.04 )

    記事:
    103円
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
  • 1. 雨が土を酸性にする 日本の年間平均降水量は約1700mmと世界平均の約2倍で、その雨が土を酸性にする。ただし、酸性雨がその原因というわけではない。大...

    (農業経営者 2016.10.12 )

    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
  • 1. 土も「腹八分目」が健康 人に胃袋があるように、土にも養分を蓄えるしくみがある。人の胃袋はまさに袋で、その中に食べたものがたまるが、土の場合は少し違う...

    (農業経営者 2016.09.16 )

    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
  • 1. 土の化学性は目に見えない 土の物理性がよい土とは、団粒構造が発達し、下層への水はけが適度な土である。そのような状態は、圃場に穴を掘って下層の緻密さを...

    (農業経営者 2016.08.12 )

    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
  • 1. 物理性のよい土 よい土とは、「物理性・化学性・生物性が整った三位一体の土」と表現されることが多い。そこで、今回から土の物理性・化学性・生物性について...

    (農業経営者 2016.07.06 )

    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
  • 1. 腐植と有機物 畑や水田に穴を掘ってみると、作土と呼ばれる表層15~20cmはその下層より色が黒い。この黒い物質が腐植と呼ばれる土の中の有機成分である...

    (農業経営者 2016.06.02 )

    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
  • 1.土の元素組成 本連載の後半では「土づくり」や「土壌診断」について記すが、その中で「土の健康は人の健康と同じ」というフレーズを何度も繰り返す。人は生物で...

    (農業経営者 2016.05.09 )

    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
  • 1.土も十人十色 十人十色といわれるように同じ人は二人といない。それと同様に土の種類も数限りないが、「黒土」や「赤土」のように土は色で分類することが多い。...

    (農業経営者 2016.04.04 )

    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
  • 1. 有機物が土の必須成分 筆者は東京農業大学在職中にたびたび海外での土壌診断調査にも出かけたが、その際には、必ず事前に農林水産大臣宛てに土壌特別輸入許可...

    (農業経営者 2016.03.09 )

    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ