ナビゲーションを飛ばす



ピックアップ - 独自の視点から農業ビジネスを分析・解明する!

  • 秋田のとある小さな企業城下町にはかつて日曜百姓が大勢いた。やがて離農の受け皿になっていく農事組合法人は30~50 haレベルの大規模化の道を歩んだ。それとは対照...

  • スマート・テロワールとは中核となる地方都市と農村からなる自給圏の構想である。 そのコンセプトはサステナビリティ(持続可能性)を目指し、 「田畑輪換を畑作輪作...

  • 北海道当別町にあるファームエイジの小谷栄二氏は、約30年前、ニュージーランド式の放牧を日本に導入した。日本では1頭当たりの生産性を上げても経営が厳しいのに対し、...

  • 前号でも紹介したが、子実トウモロコシが農水省の政策テーマとして取り上げられるようになり、平成30年度の予算要求にも子実トウモロコシの増産に向けた内容が盛り込まれ...

  • 9月14日に茨城県境町の(株)塚原牧場の圃場を中心に農水省関東農政局主催による「子実トウモロコシの生産拡大に向けた現地研修会」が開催された。今年で塚原牧場の子実...

  • 平成30年度から国によるコメの生産調整配分が廃止される。さらに10 a当たり7500円の直接支払いもなくなる。農業界ではこれを「平成30年問題」などと称して「営...

  • 「すごい!」「信じられない!」とお客さんから歓声が上がります。 今回みわ・ダッシュ村の農場レストランの厨房に立っていたのは なんと17歳と15歳の少年。 ...

  • 貸家と唐様で書く三代目 昨今、「終活」という言葉が巷で聞かれるようになった。かつては相続の話をすると不謹慎だと思われていたが、経営者ならばとくに多かれ少な...

  • これからも従業員が増えていきそうなアルパカファーム。その従業員の信頼を得るためにも、きちんとした給与計算は欠かせない。パソコンには自信がない藤田社長もどうやら必...

  • 皆さん、こんにちは! 最近枕を買い換えたロブストス高垣でございます。多くの整体師が絶賛しているという怪しげな枕を購入(笑)。睡眠の質は向上させられるでしょうか?...