ナビゲーションを飛ばす



ピックアップ - 独自の視点から農業ビジネスを分析・解明する!

  • いま、『農業経営者』で取材するとしたら、一番面白い人は誰か?」と複数の人に聞いた。最初に挙がったのが豊橋で胡蝶蘭を作っている尾崎幹憲だった。初対面だったが、共通...

  • 2013年以降、中国は世界最大のコメ輸入国となった。その後も増加傾向が続いている。 現在の輸入量は500万t近い。そのうち日本からの輸出は約1000t、まだゼ...

  • 明後日、新型コロナの2回目のワクチン接種を受けることになっている。約3週間前、自衛隊による大規模接種会場で受けた1回目は、さすが我が自衛隊と思わせる丁寧でしかも...

  • どの業界にもやたら情熱を持った人がいる。なかには元々農業とは無縁だったよそものも少なくない。今回話を聞いたのは、映像作家、ライター・編集企画、農業機械の特注対応...

  • 「ファーウェイ、ブタを飼う」。今年に入って一時、中国のニュースをにぎわせた言葉だ。異業種の養豚業への参入が続いており、アリババ、ネット通販大手の京東、ネット大手...

  • 二十歳になってもうすぐ1年の長男。 4月に東京の高級寿司店で 1ヶ月の研修を受けて以来 日本酒に大変興味を持ち 料理と日本酒についての 講座を受けたり...

  • 藤田社長の農業の先輩が高齢のため、農作業の現場を離れてコンサルティング業務に乗り出すらしい。長年培った能力を活かして。

  • 皆さん、こんにちは! ふと空を見上げたら太陽の周りにできている輪っかを発見したロブストス高垣でございます。

  • 米穀専門誌の記者でさえ「複雑怪奇な見直し議論」(米麦日報)と言わしめた農産物検査“大改革”。混乱の原因は、何のために改革するのか、その“錦の御旗”がマーケットに...

  • やってみせて、言って聞かせ、させてみて、誉めてやらねば、人は動かじ」、江戸中期の米沢藩主・上杉鷹山(ようざん)の言葉を変換した山本五十六(いそろく)の格言。新潟...