ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

江刺の稲

やりましょう「直売所サミット」

  • 『農業経営者』編集長 農業技術通信社 代表取締役社長 昆吉則
  • 第31回 1998年08月01日

  • この記事をPDFで読む
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
ウーム、今月号の新海和夫さんの原稿「農業Uターン日記」で先を越されて予告されてしまった。「読者の中で農産物の直売や直売所をしている人達の全国ネットワークを作りましょうよ。情報交換や産品の融通あるいはお客さんの紹介もしたりして。これは楽しい!」
 ウーム、今月号の新海和夫さんの原稿「農業Uターン日記」で先を越されて予告されてしまった。

 「読者の中で農産物の直売や直売所をしている人達の全国ネットワークを作りましょうよ。情報交換や産品の融通あるいはお客さんの紹介もしたりして。これは楽しい!」

 過日、電話で盛り上がってしまった。

 新海さんは農業にUターンして2年目。本誌でも以前に紹介したご両親が続けてきた行商を含め、さらに新海さんがUターンしたことで新たに10haも水田の耕作を頼まれたり、文字通り暇なしの毎日を送っておられる。にもかかわらず新海さんは、様々に困難を抱えながら地域の農家や商工業者たちとも協力して、農産物直売所「元気村産直センター」の平成10年10月10日正式オープンに向けて取り組んでいる。

 新海さんは、雪印種苗に勤めていた時代というより、創刊以前から本誌を支援してくれた人。お金も何も無く、夢を語り合い、それを共有してきた仲間の一人でもある。

 「こんなことできればイイな。やればできるよ」

 の一言。人からみればそんなに若くもない歳なのに、まったくドラエモンかドン・キホーテのような楽天主義が、我が仲間の強みなのだろう。そして、本誌読者の少なかざる人々もまた、それ故に読者でいて下さるのだと思っている。

 世の中には七十歳の青年もいれば二十歳の老人もいる。そして、常に人生は夢見た者が勝なのだ。

関連記事

powered by weblio