ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

江刺の稲

農業を金縛りにしてきたもの

  • 『農業経営者』編集長 農業技術通信社 代表取締役社長 昆吉則
  • 第35回 1998年12月01日

  • この記事をPDFで読む
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
 戦時下そして戦後の食糧難の時代に農業生産と国民への食糧供給を確保するという国家経営の根幹にかかわるテーマであった食糧管理法も、貧しさゆえに人身売買が存在する時代に女性の人権を守ろうという売春防止法も、その制定時には正当な目的や社会正義の背景があった。しかし、すでに歴史的役目を終えた法や制度や建前としての社会正義が規制によって構造化され官僚主義のなかで絶対化されることで、正義の退廃は始まる。そこに利権が生まれ、また建前をつくろうための嘘が横行するのである。

 今、我が国の農家と農業界と関連産業人たちが抱える課題であり越えていかねばならない苦しみとは、社会主義政権の崩壊と共に窮乏の中で国家の再建と産業の再興に取り組む旧社会主義国家群の人々と同一のものなのである。それは、単に経済改革や技術の問題ではなく「精神風土」の問題なのである。必要なのは農業者と農業関係者たちの「精神のリハビリ」なのである。

 都会育ちの若者の中にたくさんの農業を夢見る者がいて、その反対に農家の子供たちが農業を捨ててきたのは、そうした農業界のそして親たちの精神風土を嫌ってのことではないのか。

 そして、そのリハビリの第一歩は農業界がそして農家たちが「お客様」を知ることなのではないかと思う。農業が農家や農業自身のためにあるのではなく、農家自身を含めた消費者のためにあるのだということを。そして自らを必要としてくれる者がいることに感謝し、そしてこれを誇りとすることなのではないか。

 リハビリは楽なことではない。辛さや傷みを伴うものなのだ。それでも思い通りに動かぬ体を、傷む手を、動かぬ足を、少しづつ自らの意志で動かす努力をすることなのである。昨日より今日、そして明日に、やがて昔の様なもっと自由で軽やかな自分自身を取り戻すことを信じて。

関連記事

powered by weblio