ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

BOOK REVIEW

脱農協―日本農業再生への道

    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ

著者:梶浦福督/北海道広域農業協同組合
定価:1,600円
 出版社:ダイヤモンド社


脱農協

肥料、飼料、農業機械が高いのはなぜか、系統を通さなければどれくらいの値段で購入できるものなのか、直接輸入することは可能なのか、そう考える考えたことのある人は少なくないだろう。そして、本当はもっとコストを抑えて生産できるはずなのにと、悔しい気持ちを抱いている人もいるだろう。この疑問、思いこそが、「全国農協研究協会」を経て平成5年に設立された、北海道広域農業共同組合の出発点であった。本書はその有志たちが系統の誤りを指摘し、新農協がめざす「協同」、「情報の公開」、「競争原理」があますところなく紹介される。終章は「二一世紀は農業の時代」と題され、今後の日本農業が担う、重大かつ誇りとすべき、人類に対する責任が明らかに述べられる。


梶浦 福督 北海道広域農業協同組合
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 787212

関連記事

powered by weblio