ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

TPP

【本体協定完訳】
環太平洋戦略的経済連携協定(TPP・P4)

TPPの原案となる環太平洋戦略的経済連携協定(P4)には、一体どんなルールが書かれているのか。P4本体協定を本邦初完訳!

 

一般価格:12,000円
 サイズ:A4判・154頁
 発行元: 農業技術通信社
 仕様:PDF出版
 平成23年11月10日発行

 

 


⇒農業ビジネス有料年会員(農業ビジネスゴールド会員[1年会員]、農業経営者雑誌購読会員[1年・2年・3年会員]、農業経営者プラチナ会員[1年・3年会員])の方はこちらの購入ページよりお申込ください。1,000円にてご購入できます

■非会員の方は、有料年会員にお申し込みされると特別価格にてご購入いただけます。お申し込みはこちらから。 
※上記のお申込頁より「農業ビジネスゴールド年会員」(10,000円)をお申込ください。
※農業ビジネスゴールド1カ月会員の方は、こちらから年会員をお申込いただくことで、有料年会員価格でご購入いただけます。(会員期間は、1カ月の会員期間終了後、1年間会員に移行します)
※すでに12カ月間以上、ご継続をいただいている、農業ビジネスゴールド1カ月会員の方は、こちらから有料年会員価格でご購入いただけます。ご自身の継続期間がわからない場合は、こちらからお問い合わせください。お調べいたしまして、担当者より折り返しご連絡をさせていただきます。


TPPの参加について、反対派・推進派双方が国論を2分する議論や運動をさまざまな形で行なってきました。

どちらの立場であっても、これから交渉に入るにあたり、TPP(環太平洋パートナーシップ)とは何かという基本事実を知っておくことが前提です。それは、TPPの原案となる環太平洋戦略的経済連携協定(P4:2006年にニュージーランド・シンガポール・チリ・ブルネイの4カ国間で発効)の条文に明記されています。

これまで、TPP参加に反対する立場の方の中には、P4協定を読まずに論じていたり、条文を拡大解釈して議論をしている例が見受けられました。他方、TPP推進の立場の方も、どれほどの方が原案であるP4協定の条文をご覧になったのでしょうか。そう多くはないかと存じます。

そもそも、P4協定の完全な日本語訳さえいまだ存在していません。

そこで弊社では、P4協定の翻訳に取り組んでまいりました。この度、『【本体協定完訳】環太平洋戦略的経済連携協定(P4)』をPDFとして販売することといたしました。

今後、さらに建設的な議論をすすめるための基礎資料が必須です。
TPPの理解を深める上での参考資料としてご購入いただければ幸甚です。


昆 吉則 - 農業技術通信社 代表取締役兼『農業経営者』編集長
浅川芳裕 - 農業技術通信社 専務取締役兼『農業経営者』副編集長


目次

序章
第1章 設立条項
第2章 一般的定義
第3章 物品の貿易
第4章 原産地規則
第5章 税関手続
第6章 貿易救済
第7章 衛生植物検疫措置(SPS)
第8章 貿易の技術的障害(TBT)
第9章 競争政策
第10章 知的財産
第11章 政府調達
第12章 サービス貿易
第13章 一時的な入国
第14章 透明性
第15章 紛争解決
第16章 戦略的連携
第17章 管理・制度的事項
第18章 一般条項
第19章 例外規定
第20章 最終規定

関連記事

powered by weblio