ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

特集

ケーススタディー だから彼らは選ばれる
小さな市場の多様な取り組みと可能性

 米の市況は一直線に下がり続けている。過剰供給が続くまま中国米の輸入が増加し、その高品質化も伝えられている。また、豊作基調の中で野菜の市況も軒並みに値を下げている。
 米の市況は一直線に下がり続けている。過剰供給が続くまま中国米の輸入が増加し、その高品質化も伝えられている。また、豊作基調の中で野菜の市況も軒並みに値を下げている。そればかりか、すでに一部の卸売市場では韓国産のミニトマトの方が国産よりも高い値を付ける例も出始めている。輸入増加が著しいゴボウやネギも、平均すれば輸入物の方が国産より品質が高いと話す卸業者も少なくない。もう輸入野菜を値段の安さゆえに脅威と考える時代も終わりつつある。

 でも、本当に日本の農家や農産物にはお客がいないのだろうか。

 決してそうではない。日本の農業がなぜ顧客を失いつつあるのかを考えてみれば、答えは見えるはずだ。これまでの農業にかかわる者たちは、政治家や役人から与えられる利権にすがるばかりで、『食べる人』『お客様』あるいは『市場』というものに対してあまりに鈍感ではなかったか。作れば買ってもらえる時代が終わっただけなのだ。そしてそれは農業以外の世界ではあたりまえのことなのだ。

 むしろ、そんな時代環境だからこそお客さんも至る所にいる。今まで以上に本物の農業や農家が必要とされる時代が始まっているというべきなのだ。貴方が生き残れるか否かは、市場環境の問題、外圧の問題、農政の問題ではなく、貴方自身の意思の問題なのだ。経営者の数だけ仕事の形はあるだろう。競争は当然だ。だからこそ農業や農村は活性化し新たな仕事が生まれていく。

 そして、強者ではなく適者、顧客に必要とされる者が選ばれていくのである。強い後ろ盾があるから、大規模だから、ただ安く作れるから顧客に選ばれるのではない。自らの顧客が誰であるかを知り、顧客に出会えばこそさらに必要とされるために自らを磨き続ける者。農業が農民のためにではなく、食べる人のためにあることに気付いた人々である。


日陰者から表舞台に立つ「地場野菜」 地場“回帰”に至るトレンドと背景

流通ジャーナリスト 小林彰一


 【“迫害”の時代を経て】

 「地場野菜」はかつて“落ちこぼれ”であった。系統共販運動の拡大や野菜供給安定制度に基づく指定産地制度など、生産の周年化、大型化を目標とするわが国の基本的野菜生産出荷政策に乗り切れない地場野菜は、「遅れた」「小規模の」「前近代的な」「計画性の低い」「不安定な」といった形容詞を冠せられ、広域流通という表舞台から引き下ろされた日陰者的存在であった。

 当時、効率を旨とする食料増産政策が優先され、一方ではそれに乗ずるように、農家・農業の地位向上と大型生産のための系統運動が相まって、少量多品目生産、3ちゃん農業、露地栽培、農家直売、個選・個人出荷といった性格を持つ地場野菜は、大いに“迫害”を受けていたのである。

 例えばこの時期、卸売市場では大型産地の「市場指定証」を獲得するための“経費”や、産地指定価格を維持(増仕切り)するための原資を、地場野菜の“減仕切り”から賄っていたという事実にも、「地場野菜」の境遇が見て取れる(もっとも、現在でもその傾向はあるが)。

関連記事

powered by weblio