ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

江刺の稲

21世紀も「あたりまえ」でいくしかない

  • 『農業経営者』編集長 農業技術通信社 代表取締役社長 昆吉則
  • 第59回 2001年01月01日

  • この記事をPDFで読む
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
明けましておめでとうございます。そして、やはり21世紀が始まったと書くべきなのでしょう。
 明けましておめでとうございます。

 そして、やはり21世紀が始まったと書くべきなのでしょう。

 鉄腕アトムを見て育った世代である筆者は、「21世紀」という言葉に、SF的とでもいうべきか、「はるかなる未来」という語感を感じてしまう。そして、「21世紀」は「未来へのあこがれ」を意味する象徴的な「ことば」として使われていたようにも思える。あと10日もすればそれが始まってしまう今の今になっても。もっとも、今でも思い出せるほど懐かしい主題歌とともにアニメになってTVで放送され始めた頃になると、やがて人々が「科学技術の発展」や「進歩」という言葉自体にアレルギー反応を起こす原因になる事件が様々に発生してきてもいた。

 しかし、子供時代に当時の人々が感じていた21世紀への憧憬を思えば、今頃は、花電車が帝都を走り人々は提灯行列で新世紀の到来を祝う今日この頃であってもおかしくないはずだった。しかし、筆者が観察する限り、世の中は冷静というのが正しいのだろうが拍子抜けするような静けさだ。要は不景気、想像を絶する負債を抱えたまま更にその借金を先延ばしにした、サラ金苦に苦しむ日本という家族にとってはそれどころではないというのが実状なのだろう。そして、年の瀬に浮かれ者のTVばかりが「20世紀最後の」を連発する。そんなTVが「20世紀を代表する」といっても、それはTV登場後というよりほとんどは若い視聴者の記憶で追いつけるこの数年の話題や流行ばかりでばかばかしくなる。

関連記事

powered by weblio