ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

農業情報クリップ

2001年4月~5月 農業情報ピックアップ

【4/25 クローン牛「のと」が出産】

 石川県畜産総合センターは、世界初の体細胞クローン牛として1998年7月に生まれた「のと」が雄牛を産んだと発表した。石川県での体細胞クローン牛の出産は5例目。

 「のと」は25日午前5時22分、自然分娩で出産。母子ともに健康で、子牛は体長約60センチ、体重約31キロ。昨年7月に凍結精液によって人工授精した。 (共同)


【5/5 野菜の作柄など人工衛星で調査、農水省が計画】

 農林水産省は、国内の野菜産地の競争力を強化するため、人工衛星を使って、野菜産地の作付けや作柄を調べる「野菜需給調整促進情報システム」を開発する計画を明らかにした。

 太陽の光が野菜に当たった時に出る光の波長を人工衛星を使って宇宙から観測、得たデータをITを活用して解析し、作付け状況などを迅速、正確に予測する。情報は生産者や消費者に提供し、生産調整などに役立ててもらい、効率的な野菜生産に取り組む狙いだ。 (読売)


トピック


【4/16 大地を守る会「遺伝子組み換えイネ監視市民センター」を開設】

 大地を守る会が事務局団体を務める提携米ネットワークでは、インターネットのホームページ上に「遺伝子組み換えイネ監視市民センター」を4月1日に開設した。

 この監視市民センターは、日本の食と農業に深刻な影響を与えかねない遺伝子組み換えイネの問題に重点を置いて、日本と海外の反対運動を盛り上げ、日本や海外における遺伝子組み換えイネの商業生産を阻止することを目的としたインターネット上の市民運動組織。(英語版:GMR-Watch Centerは5月より) (共同)

関連記事

powered by weblio