ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

シリーズ TPP特集

TPPの解き方(3)
【対中戦略(上)】
キヤノングローバル戦略研究所・山下一仁研究主幹

  • キヤノングローバル戦略研究所 研究主幹 山下一仁
  • 2013年03月27日
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ


TPPは「農業問題」ではなく「農協問題」という、キヤノングローグローバル戦略研究所・研究主幹の山下一仁氏。農協はなぜTPP参加に強く反対するのか。それは本当に農家のためなのか。そのカラクリを解き明かすことで、農業問題の本質も見えてくるという。国内有数の農政通である同氏に話を聞いた。(取材・まとめ・窪田新之助)

シリーズTPP特集(毎週水曜日更新)はこちらから



力ではなくルールで対抗

――経済の問題以外で、日本がTPPに参加する意味についてはどうお考えですか?

それについては2年前に中国の漁船が、日本の海上保安庁の監視船に体当たりしたのは覚えてる? あれを契機として日中関係が悪くなったでしょ。中国は日本にだけレアアースの輸出を禁止した。昔なら中国はこんなことはやらなかったはずだよ。

――なぜですか?

というのはね、日本は中国にODAという援助をしていたから。日本にそんな変な事をやれば、援助を止められる恐れがあったわけだ。ところが今は日本はODAをしてないから、中国はやりたい放題。今の日本には中国に対して力で対抗するだけの力はないわけ。じゃあ力で対抗できなければ何で対抗するのかと。

関連記事

powered by weblio