ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

A-1グランプリ2013

A-1グランプリとは?

  • 2013年07月14日
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ

『A-1グランプリ』は農業のビジネスプランコンテストです。

ビジネスプランを発表して、投資家や産業界からの支援者と出会い、顧客本位の農業事業を実現する機会を創る。それが、『A-1グランプリ』の目的です。


開催趣旨


日本農業の不幸とは、これまで農業の課題が農業内部だけで語られ、しかも、
政治と官に過度に依存した形で農業経営や事業開発が進められてきたことです。
"農商工連携"あるいは"農業の6次産業化"などという言葉が語られそのための
政策が進められるようになりましたが、本来、風土の中に成立する農業と
食文化そして農産物を原料とする加工品開発、あるいは我が国の風土そのもの
を経営資源としたエンターテインメントや教育ビジネスは補助金頼みで
なくとももっと沢山あっても不思議ではなかった。途上国のような農業への
官による過剰な関与、その結果としての農業界の一般社会からの隔離ゆえに
それは進まなかったと言うべきなのです。

その意味で、A-1グランプリでは単に優れたビジネスプランを表彰するという
ことにとどまらず、その選考の過程で、 "相談会"を開催する予定です。
相談会では、応募者のプランを様々な産業人によってブラッシュアップする
お手伝いをすると共に、資金調達や取引先開発につながる出会いの場とします。
そして、10月11日の決勝大会では、決勝に残った方々に限らず、多様な企業と
のマッチングのイベントも計画しております。

農業のビジネスプランコンテスト自体は様々な企業や団体が行なうようになり、
わたくしは良い変化だと思っております。「農業ビジネス」プランを通じて、
農業界の新たな才能・人材を発掘し、地域の日本経済を活性化すること、また
事業規模に関係なく、そういった人たちを励ます農業関係者だけではなく、
農業の消費者、あるいは農業とともに発展していく企業関係者の方々が増えることで農業が産業として成長すると思うからです。

A-1グランプリ2013のテーマは「いよいよはじまる農業・農村の時代」です。
農業・農村を核とした自らの夢や事業をお持ちの方であれば、どなたでも参加
できます。
是非、顧客本位のビジネスを実現する機会として利用していただけると
幸いです。

A-1グランプリ2013実行委員長 
株式会社農業技術通信社 
代表取締役 昆吉則 

関連記事

powered by weblio