ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

農業情報クリップ

2002年2月~3月 農業情報ピックアップ

2/22 雪印食品、4月末解散 雪印食品は取締役会を開き、経営再建を断念し、4月末をめどに会社を解散することを決めたと正式発表した。解散に伴う損失額は約240億円。3月末まで営業を順次縮小、廃止する。同社は偽装牛肉事件の発覚以降、業績が急速に悪化。食肉部門からの全面撤退やスーパーなどの取引停止などで、売上高は事件前の2割前後に激減し、経営規模を大幅に縮小する方向で再建を目指していた。(共同)

【トピックス】

2/8 沖縄で県単一農協発足へ

 県単一の農業協同組合発足を目指す沖縄県内の27農協のうち、唯一合併承認ができていなかった那覇市の真和志農協は、臨時総会を開き、県単一農協への参加を正式に承認した。沖縄で来年4月、奈良県に続いて全国2番目の県単一農協が発足することが事実上決定した。(共同)


2/15 京都の2農協が合併

 京都府中部の5町を地盤とする京都南丹農業協同組合と、福知山市農業協同組合は、4月1日付で対等合併すると発表した。各農協がそれぞれ開く臨時総代会で正式決定する。合併後の貯金高は約1360億円で、府内5番目の農協となる。名称は「京都農業協同組合」。今後、府内単一農協に向け残る8農協との合併も進めるという。(共同)


2/18 菊が咲いている期間を保証

 切り花の菊が咲いている期間を保証する制度が来年度から宮崎県で始まる。日本花普及センターによると、産地が開花期間を保証する制度は全国でも初めて。生産地と保証期間を記したシールなどを添付してJAが出荷。枯れたら交換する。当面は通常の段ボール出荷でも約1週間咲く菊に絞る。(毎日)


2/20 昨年の世界穀物生産18億t

 FAOは発表した報告で、昨年の世界穀物生産量が18億8000万tとなったとの推計を明らかにした。これは昨年12月の予想をやや上回り、前年比でも1.2%の増加。ただ、世界の穀物消費見通しから見ると、生産は不足しており、穀物在庫は「大幅減少するだろう」と警告している。(時事)


2/27 英で5カ月ぶり口蹄疫か

 英国の環境・食糧・農村省は、中部ヨーク州の農場で家畜伝染病、口蹄疫に感染した疑いのある羊2頭が見つかったと発表した。英国は昨年2月から口蹄疫の空前の大流行に見舞われ、畜産業、観光産業が大打撃を受けた。感染が確認されれば昨年9月末以来となる。英国は今年1月に終息宣言を出したばかり。(共同)

関連記事

powered by weblio