ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

特集

農薬は誰のために?

 農薬の登録に関しては、商品ではなく、成分についての登録制度にした方が良いと思います。もちろん主成分だけではなく副成分である界面活性剤などに関しても十分にテストされる必要があるでしょう。

 新規登録に関しては充分にテストされるべきですが、更新は簡便にしてコストを削減すべきです。

 ただし成分に問題が生じた時には、それを登録から除外するだけでなく、使用禁止にすべきと考えます。

 これにより農薬を、登録農薬、失効農薬、使用禁止農薬、無登録農薬(充分にテストされていない農薬)に分類することができると思います。

 問題は無登録であったか登録されていたかよりも商品の安全性ですから、その面で論議すべきでしょう。

 安全性とコスト面での調和を図り道理にかなった範囲内で政策を立てて行くべきではないかと考えます。

(和歌山県・果樹農家)


【有機栽培に矛盾が出てくるのでは】

 今回の問題は色々な事が一緒くたにされているように思います。失効した農薬と言っても、環境・人体に影響を及ぼすために失効したものから、農薬メーカーが営利上の理由で登録を更新せずに失効したもの、果ては「木酢」「農業用せっけん」「ニコチン」等の今は効果が疑問視されるものなどがあり、そこに線引きができていません。

 また、今回の問題で有機認証やそれに群がる業者の矛盾が明らかになったと思います。有機認証を受けるために使われていたのが無登録農薬だったら、何と言い訳するつもりでしょうか。登録農薬以外は使ってはいけないことになれば、その情報公開と有機認証に矛盾が生じる可能性もあるのではないでしょうか。

 今回の問題で日本の食料自給率や後継者問題を抜きにして農業を考えている人たちは、国産だって危ないと言うでしょう。

 しかし、生産者だけが悪いわけではないと思います。

 やたらにきれいなものを欲しがったり、野菜に甘さを要求し過ぎてきたことの結果ではないでしょうか。

(静岡県・果樹農家)

関連記事

powered by weblio