ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

特集

農薬は誰のために?

【ダイホルタンで農薬の安全神話は崩れた】

 昔は多量に使用していたダイホルタンが今では発ガン性があると言われている恐ろしい現実。あれほどダイホルタンは安全使用基準内で使用すれば大丈夫というお墨付きだったのに…。

 農薬が安全だという神話は崩れ去った。特に散布者に危ないという認識を新たにした。今回のケースはダイホルタンは安全という神話を今でも信用していた農家が使用したのだろうか?

(高知県・野菜農家)


【最低限使用―最も危険に晒されているのは農家自身】

 自分自身は、農薬を最低限使用するにとどめているが、BSE報道からの流れで、偽装しているかのような取り上げられ方が一番の問題だと思う。

 よく言われることなのだが、現代は情報が溢れるほど流されているので、そこから本当の情報を選別する力、もしくは自分自身が本物を見分ける力を備えなければいけないと思う。

 農薬に代表される化学物質は、経口で体内に入るより経皮で体内に入る方が、肝臓での解毒作用がない分、より毒性が高いという事実がある。故に、農薬を使用する農家自身が最も危険だということだ。これは買う側の人たちが最も知らないことである。農薬を使用するに当たって川上側と川下側の双方のメリットを見合わせることが必要だと思う。

(埼玉県・野菜農家)


【農産物の商品規格にも問題があるのでは】

 様々な見解があり、一概にどれが正しくどれがダメと簡単に結論付けることはできない。もちろん法の下では登録農薬の使用しか認められていないが、実際の生産現場ではそうもいかない現実が存在している。適用外の農薬を使用してでも、病虫害を除きたいと農家をヤッキにさせる、JAの示す商品規格にも問題があると思う。

(高知県・野菜農家)

関連記事

powered by weblio