ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

特集

農薬は誰のために?

【偽装表示と病根は同じ】

 販売業者、使用農家双方に罪がある。結局は消費者不在の意識が根底にあると思う。食品の産地、ラベル偽装などと病根は同一ではないだろうか。

 農薬の適用外使用についても、無登録のものを使用するよりはまだマシという程度の問題でしかなく、問題の本質を見えなくすると考える。

(北海道・畜産農家)


【一日も早く登録基準の整備を】

 今まで、使用基準を遵守して農薬を利用してきたつもりでしたが、改めて栽培している作物に対しての登録の有無、使用回数、使用時期、使用濃度など、ありとあらゆる点で気を遣うようになりました。そんな中、アブラナ科野菜でダイコンには登録があるのにキャベツにはないなど、同類の作物なのに分け隔てられていることを不思議に思うことがあります。

 そのため、作物ごとに畑を分けるなどの工夫をしています。

 しかし、隣接している畑で違う作物が作付けされている場合、隣で農薬を使用している薬剤が、我が家の畑の作物にかかってしまい、その農薬がこちらの作物には登録がないなどの不安はあります。

 一応、畑ごとの農薬使用履歴を付けています。

 同類の野菜への登録の整備がまだできていないのか、登録基準がはっきりとしていないのか良くわかりませんが、法律の整備が後手後手に回っているように思います。

 消費者が食に対する不安を抱いている以上、一日も早い整備をお願いしたいと思います。

(神奈川県・果樹農家)

関連記事

powered by weblio