ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

アグロマネー・ニュース

農家とワイナリー、「甲州」全量契約へ 不信感を払拭「確実調達」 山梨〔産経新聞〕

  • 2015年03月24日
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
日本固有のブドウ品種「甲州」を原料にしたワインが世界で品質が認められながら、原料の需給関係が脆弱(ぜいじゃく)な状況にあるとして、山梨県ワイン酒造組合(加盟77社)は生産農家とワイナリーとの間で、原料ブドウの全量を売買する契約栽培を平成27年度産から行うと発表したと産経新聞。

関連記事

powered by weblio