ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

農業情報クリップ

2003年8月 農業情報ピックアップ

6/13 牛の処分対象を大幅縮小 BSE問題で農水省


 BSE感染牛が見つかった場合の対応について、農水省は、専門家の検討会を開き、感染牛とともに飼育された牛のうち、処分対象にする牛の範囲を大幅に狭めることを決めた。畜産農家の負担軽減が狙い。

 改訂後は「感染牛が1歳になるまでの間に同じ牧場で飼育された牛」という条件を追加。感染牛が1歳を超えてから一緒に飼育された牛は対象外となるため、処分は約2割になるという。(共同)


7/1 失業後、農業への再就職を支援


 深刻な雇用情勢を緩和しようと、厚生労働省は失業後の再就職先として農業を希望する人のための専門の支援コーナーを全国の職業安定所に設置する。この支援コーナーは厚生労働省が全国49の職業安定所に設けるもので、農業関係の会社の求人情報や農家からのヘルパーの募集などを閲覧できるほか、農業を始めるための職業訓練コースや移住する際の住宅の情報についても調べることができるようになっている。(NHK)

関連記事

powered by weblio