ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

土門「辛」聞

7000円の衝撃!終わりを告げた、全農主導の減反政策

農協の内金水準7000円。7月31日、全農が各県本部の米穀部長を本部(東京・大手町)に呼び、19年産米の集荷については全国統一した「内金+追加払い方式(魚沼コシを除く)」を通達したニュースは、コメ地帯で激震をもたらしたようだ。
農協に対する掌握能力の喪失を宣言した全農

 全農を頂点としたコメ流通は、委託販売方式と呼ばれ、普通の商慣行からすれば少々イレギュラーな取引方式なのだ。なぜイレギュラーか、それを説明するには反対概念となる買い取り方式を先に説明した方がわかりいいかもしれない。買い取り方式といったら、またまたチンプンカンプンかもしれないが、これは我々が普通に親しんでいる売買方式と思っていただきたい。

 買い取り方式なら、モノを売るときに売り手と買い手の間で値段を先に決めてから、買い手が商品を引き取り、その時点で代金を払う条件もきちんと定める。委託販売方式は、これとは逆に商品を売ってもらうということで、コメの世界ではいくらで売ってもらうかの具体的な条件は取り決めない。

 内金は、最終的な価格はいくらになるかわからないから、とりあえず最終価格の何割かを仮に払っておくというもので、仮渡金とも呼ぶこともある。最終精算は、県によって違うが、その年の年末のこともあれば、年越しをする場合もある。コメ余りの時には、2年がかりの清算になることもあり、この面からも委託販売方式は不透明との批判が出ることがあった。

関連記事

powered by weblio