ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

アグロマネー・ニュース

減反廃止元年 宮城の農業はどう変わるか 18年産米 市町村に生産目安示す 減少の地域から不満も /宮城〔毎日新聞〕

  • 2017年12月25日
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
宮城県と農業団体でつくる「県農業再生協議会」は22日、仙台市内で水田農業推進会議を開き、2018年産主食用米や大豆などの生産調整(転作)作物について、「生産の目安」となる数量を市町村側に示したと毎日新聞。

関連記事

powered by weblio