ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

アグロマネー・ニュース

減反廃止元年 宮城の農業はどう変わるか 栗原は「とも補償」継続 「所得確保に」 再生協決定 /宮城〔毎日新聞〕

  • 2018年01月22日
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
今年産米から国の生産調整(減反)が廃止されるのを受け、宮城県栗原市農業再生協議会(会長・千葉健司市長)は19日、臨時総会を開き、減反しない農家が拠出する資金で減反農家の所得を補填(ほてん)する「地域とも補償(委託金・受託金型)」を継続すると決めたと毎日新聞。

関連記事

powered by weblio