ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

アグロマネー・ニュース

基準値5倍の残留農薬検出=伊藤忠輸入の豪州産大麦-農水省〔時事時事通信通信〕

  • 2018年04月03日
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
農林水産省は3日、伊藤忠商事が輸入し、食品加工会社の西田精麦(熊本県八代市)に供給したオーストラリア産大麦から、食品衛生法上の基準値を大幅に超える残留農薬「アゾキシストロビン」が検出されたと発表したと時事通信。

関連記事

powered by weblio