ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

リレー訪問 農場に勤める誇りと夢

今は、夢より足元を見る時期・・・・・・の巻

  • (有)中西ハウスセンター(京都府木津川市)×(有)ブルーベリーフィールズ紀伊國屋(岡山県高梁市) 社員×社員 濱友子×大川勝巳
  • 第17回 2007年11月01日

  • この記事をPDFで読む
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
濱 最初はそういう気持ちも少しありましたね(笑)。でも、もう馴れました。

大川 就農するときは、やっぱり待遇面も考慮したんですか?

濱 いえ、就農先の条件として特別こだわった点というのはないんです。気にしたのは、野菜をつくれる農場ということくらい。この農場にしたのは、ファーマーズフェアで説明を聞き、研修も受けてみて、ここでなら続けていけるような気がしたからなんです。

大川 そもそも農業をやってみようと思ったきっかけは何だったんですか?

濱 それが、そんなにはっきりとした動機があったわけではないんです。ただ、わりと子供のころから、なぜか農業に興味はあったんですよ。お花屋さんやケーキ屋さんになりたいと思うような感覚かな。気付いたらやってみたいと思うようになっていました。

大川 成長しても、それは変わらなかったわけですか。

濱 ハイ。でも、実家は農家ではないですし、農作業をしたこともありません。農業をする上で何か手掛かりが必要だと思って、まず農業大学校に行くことにして、それから就農したんです。

大川 就農前は農業にどんな印象を持っていたんですか?

濱 離農する人がいるくらいだから、楽しいだけではないだろうなとは思っていました。でも、農業大学校はそれなりに楽しかったですし、それまでの農業に対する気持ちが変わるようなこともありませんでした。実際、農業がどれだけやりがいがあるものなのか、自分がどれだけできるのかもわからなかったわけですが、だからこそ、私にもできるかもしれないと思えたんでしょうね。

大川 でも両親は驚いたんじゃないですか。反対されませんでした?

濱 猛反対されましたよ。ほかの選択肢も考えた上で決めてみないかって諭されたりして。両親は、農業は農家が家族でするものと思い込んでいて、会社組織として活動している農場もあることを知らない。だから、私が農業について学んだところで、将来、何の役にも立たないだろうと思ったようです。大川さんは家族の方に反対されませんでした?

大川 いえ、全然。「人様に迷惑をかけなかったらいい、元気にやってくれ」、それだけ。といっても、前々から就農に向けて段取りを考えていて準備も勝手に進めていたので、反対されたとしてもあきらめなかったでしょうね。

濱 そうですよね。反対されてあきらめるくらいなら農業はしませんよ。

大川 いつの間にか農業に関心を持っていたとはいえ、やっぱり、それくらい強い想いはあったんですね。

関連記事

powered by weblio