ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

アグロマネー・ニュース

モンサントの除草剤、がん発生の「事実上の要因」 米で陪審評決(AFP)

  • 2019年03月20日
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
米農薬大手モンサントの除草剤「ラウンドアップ」を長年使用し、喉に悪性リンパ腫を患った男性がモンサント側を相手取って訴えていた裁判で、米カリフォルニア州地方裁判所の陪審は19日、ラウンドアップががんを発生させた「事実上の要因」だったとの評決を下したとAFP。

関連記事

powered by weblio