ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

アグロマネー・ニュース

養鰻120年、厳しさ増す業界 資源減少、コロナ禍… 静岡県内業者「食文化、後世へ」奮闘〔静岡新聞〕

  • 2020年07月20日
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
「土用の丑(うし)の日」(7月21日、8月2日)を前に、静岡県内でウナギの出荷が最盛期を迎え、今年は1900年に浜名湖周辺で国内初のウナギ養殖が始まってから120年の節目だが、近年の資源減少に新型コロナウイルスの影響が加わり、関係業界を取り巻く環境は厳しさを増していると静岡新聞。

関連記事

powered by weblio