ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

アグロマネー・ニュース

ハト50羽の死骸、熊谷の農協施設で見つかる 薬物検査で殺虫剤や除草剤など検出 鳥インフルインザは陰性〔埼玉新聞〕

  • 2020年12月10日
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
埼玉県は21日、熊谷市でドバト約50羽の死骸が見つかったと発表、みどり自然課によると、10日午前10時ごろ、熊谷市久保島の農協施設敷地内で農協職員が発見して市に通報した。24羽の死骸を回収し、他に建物の屋根や屋上に30羽以上を確認したと埼玉新聞。

関連記事

powered by weblio