ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

アグロマネー・ニュース

ワイン用ぶどう、「プリウス」が作る 豊通など、部品再利用 北海道で農業ロボ実験〔日本経済新聞〕

  • 2020年12月17日
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
国内のワイン用ぶどう畑で最大級の面積を抱える北海道ワイン(北海道小樽市)の鶴沼ワイナリー(浦臼町)が11月、農薬散布にゴルフカートのような農業用ロボットを試験導入したと日本経済新聞。

関連記事

powered by weblio