ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

アグロマネー・ニュース

農業用収穫ロボットを開発するAGRIST、VC及び地域金融機関等計6社から、持続可能な農業の実現を目的とした資金調達を実施〔PR TIMES〕

  • 2021年03月04日
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
農業用自動収穫ロボットの開発を行うAGRIST株式会社(本社:宮崎県児湯郡新富町、アグリスト)は、株式会社ドーガン・ベータ(本社:福岡県福岡市)及び株式会社宮崎太陽キャピタル(本社:宮崎県宮崎市)がそれぞれ運営する投資事業組合、ENEOSイノベーションパートナーズ合同会社(本社:東京都千代田区)、並びに宮銀ベンチャーキャピタル株式会社(本社:宮崎県宮崎市)、ジャフコ グループ株式会社(本社:東京都港区)及びインキュベイトファンド(所在地:東京都港区)がそれぞれ運営する投資事業組合を引受先とする第三者割当増資による資金調達を実施しましたとPR TIMES。

関連記事

powered by weblio