ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

アグロマネー・ニュース

次世代型施設園芸農業を研究する高知工科大学が 農業データ活用プラットフォームにBIダッシュボード「MotionBoard」を活用 ~農業データの統合管理システム構築により農家の収益最大化を推進~〔WingArc1st〕

  • 2021年04月20日
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO:田中 潤、以下 ウイングアーク1st)は、バイオマス発電とハウス設備の統合管理による、複合型施設園芸を進めている高知工科大学が、IoP(Internet of Plants、以下 IoP)を通じた農業データの活用プラットフォームとしてBIダッシュボード「MotionBoard」を導入し、ダッシュボード画面を農家向けに開発したことを本日お知らせしますとWingArc1st。

関連記事

powered by weblio