ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

新・農業経営者ルポ

利根川の向こうに見たパプリカが描く未来

15年間の遠回りをしてたどりついた念願の就農

 林氏の生まれは、茨城県でも農業地帯のど真ん中、茨城町。そんな環境で育ったせいか、高校生になった林少年は、すでに漠然と農業を志すようになっていた。

「なんで農業に興味を持ったのか自分でもわかりませんけどね。強いて理由を挙げるとすれば、当時問題になっていた公害問題や飢饉のニュースを見ていて、これからは人間が食べるものを作っていかないとダメだっていう思いはありました」 まるで他人事のようなコメントだが、その思いは高校卒業後も消えることはなかった。玉川大学の農学部に進学し、やがて畜産や稲作など具体的に就農を思い描くようになっていったが、ここで親から猛反対を受けることになる。

「うちの母親の実家は、旧・玉造町の農家だったんですが、這いつくばっても一銭にもならない農業をやっていた。儲からないし、雨降ったらドロドロになるし、もう昔のドン百姓のイメージしかないわけですよ。父との結婚を機に農業から“脱出”したのですが、わざわざ大学まで出た息子がまた百姓をやりたいって言い出したものだから、泣いてやめてくれと言われましたよ」 結局林氏は卒業時の就農を断念し、それでも少しでも農業に近い仕事をということで、茨城県経済連に道を見出す。1985年に就職した後、種苗会社から野菜の種子を仕入れたり、営農指導スタッフとして農家に出入りする業務に就いた。いずれ農家となるための基礎を学ぶには、これほど格好の仕事はない。やがてメロンやトマトの施設栽培農家を訪問したり、オランダへの視察を繰り返すうち、自らも施設栽培に憧れを抱くようになっていた。

 就農を決意した林氏は、脱サラするタイミングをうかがった。何しろ施設園芸は初期投資がかかる。数千万円の温室など住宅ローンを組むようなもので、とても定年退職後に建設するわけにはいかない。40歳を目の前にして「今やらなければできない」と覚悟を決め、土地を探し始めることにした。

 やがて候補地を探し始めて2年が経過しようとしていた頃、ガラス温室付きの農地に出会うことになる。1988年に建設された、バラの栽培組合の施設だ。補助事業によって建設された施設だったが、林氏がメンバーとして組合に加入し、組織を受け継ぐかわりに、生産品目をパプリカに変更することにしたのである。

 こうして2000年の春、林氏は経済連を退職し、ついに農家としての第一歩を踏み出した。

関連記事

powered by weblio