ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

江刺の稲

肥料原料問題での全農と農水省の責任

  • 『農業経営者』編集長 農業技術通信社 代表取締役社長 昆吉則
  • 第147回 2008年07月01日

  • この記事をPDFで読む
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
土門氏の記事と重複するかもしれないが、その背景をここでも紹介しておこう。肥料原料が投機の対象となり高騰していることは農業関係者の間では早くから語られていた。しかし、僕も土門氏の話しを聞くまで、日本ヨルダン肥料会社(NJFC)が生産している「アラジン」の原料について、ヨルダン燐鉱公社(JPMC)からの調達が困難になっているとは知らなかった。NJFCは、全農を中心としたグループ(全農30%、三菱商事10%、三菱化学10%、朝日工業10%で日本側資本60%)とヨルダンの政府系企業JPMCが合弁で設立したのだが、JPMCは1953年には上場、06年に民営化された。その後、アブダビの政府系ファンドであるカミール社が37%の株を持つ筆頭株主になったのだ。投資ファンドが筆頭株主の会社であれば、より高く原料を買う会社(国)を優先するのは当然だろう。NJFC(日本)はインドなどの肥料会社に「買い負け」をしてしまった。原料供給先と合弁会社を作りながら、全農アラジン工場はリン鉱石が手に入らないわけだ。何のためにヨルダンに肥料工場を作ったのだろうか。せめて日本国内市場だけでなく海外マーケットも売り先にできる三菱商事が日本側の主力企業であれば、別の対応もあったかもしれない。でも、鎖国した国の農業団体はそういう思考をしなかったのだろう。また、販売価格を上げられないという国内肥料マーケットの事情もある。

リンやカリといった輸入原料を主体とする化学肥料が不足することは、水田以上に野菜や果樹あるいは麦大豆などの畑作物生産に大きな影響を与える。化学肥料は日本の農業を牽引する役割を果たしてきた。確かに、代替可能な鶏糞は山ほどある。海外から肥料原料の調達が困難になることで、廃棄物の山に埋まった我が国の社会や農業をまともな方向に変える良いチャンスだともいえなくもない。しかし、有機肥料だけで安定した、ましてや低コストに農産物栽培を行なうことは困難であり、消費者はさらに高い農産物を買わなければならなくなるのだということも忘れてはならない。


関連記事

powered by weblio