ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

アグロマネー・ニュース

柿の産地、誇り受け継ぐ 高齢農家の畑でブランド柿生産〔岐阜新聞〕

  • 2021年09月28日
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
柿の産地を守りたい―。富有柿の生産・販売を手掛ける岐阜県本巣市上保の丸金青果(太田義浩社長)が、継続が困難となった農家の畑を借りて、同社では初めてブランド柿「太秋(たいしゅう)」の生産に乗り出し、10月中旬に初の収穫を迎えると岐阜新聞。

関連記事

powered by weblio