ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

海外レポート

厳冬期のウラジオストックだから見える可能性 ロシア沿海州でのMade By Japaneseを検討する視察ツアー

  • 『農業経営者』編集長 農業技術通信社 代表取締役社長 昆吉則
  • 2009年04月01日

  • この記事をPDFで読む
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
農業経営者読者の会は去る2月1日~5日、ロシア沿海州・ウラジオストックに視察ツアーを行った(事務局含む総勢11名)。ソ連からロシア、共産主義から資本主義への国家体制が移行する中で、変化を遂げつつあるウラジオストック。この地で展開する日本農業の可能性を見出せる行程となった。
 2月1日午後1時。新潟空港に集合した参加メンバーは11名。正式な呼びかけ以前から参加を希望していた農業経営者が、今回の日程が地元の農家の集まりと重なってしまい、参加できなくなる人が続出。申し訳ないことをした。それでも、ウクライナでの大豆作にも取り組む青森の木村慎一氏を含め3名の農業経営者、コメコンサルタント、温室用フィルム販売会社、農業資材販売会社、その他農業とは関係の無い異業種の方を含めての視察団となった。

 沿海州農業局、野菜試験場、イチゴ観光農園の受け入れを表明してくれている植物園や水田の提供を申し出ているマーティン・テート氏など、同地でのビジネスパートナーになっていただけそうな方々とも情報交換ができた。沿海州でのMade by Japaneseは現実的な一歩を踏み出したことになる。

 ウラジオストック日本センター所長の山本博志氏に全行程で同行していただいただけでなく、テート氏も我々の訪問にあわせて帰国していたニュージーランドから現地に戻って農地を案内してくれた。

 今回のツアーの報告と同地でのMade by Japaneseに関しては、3月2日の全国大会および本誌次号より2回にわたり報告する。

(昆吉則)

関連記事

powered by weblio