ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

アグロマネー・ニュース

「飼料用米への作付転換 6月末まで推進」 JA全中・中家会長が定例会見で〔農業協同組合新聞〕

  • 2022年06月10日
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
農水省の米の作付け意向調査の結果、米の需給状況の改善に向けて、全国で4000haほど作付転換が必要とされていることについて、JA全中の中家徹会長は6月9日の定例会見で、「田植えは終わっているので、飼料用米への作付転換を6月末まで推進したい」と述べ、さらに作付転換を働きかけていく考えを示したと農業協同組合新聞。

関連記事

powered by weblio