ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

アグロマネー・ニュース

低温続き生育に影響 稲作の指導担当者が緊急会議〔NHK〕

  • 2022年07月20日
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
先月上旬、秋田県内では気温の低い状態が続き、稲の生育に影響が出ていることから、県内の各地域で農家の指導にあたる担当者が集まり、緊急の会議を開き、県の担当者は、先月上旬、気温の低い状態が続いたことなどから「あきたこまち」の茎の数が平年より2割ほど少ないと報告しましたとNHK。

関連記事

powered by weblio